庶民がある程度余裕のある生活を送るには?

よく、お金について、「これからどういうふうに貯金していけばいいでしょうか?」という相談をSNSで書かれているのを見ます。

なので、今日は、結婚10年以上になった私が、ある程度お金について見えてきた事を書いてみたいと思います。
まだまだ、これから気付いていくとは思いますが、現時点での気付きです。
そして、支出は人それぞれなので、一つでも参考になれば幸いです^^

 

 

スポンサーリンク

庶民がある程度余裕で暮らすには選択次第

収入や支出は人それぞれです。
でも、私は、ある程度、自分を幸せにするには、

理性

の一言に尽きる、ような気がするのです。
具体的に言いますと、「収入が低ければ、高額な支出は絶対控えること。」です。

これ、「そんなん分かってるよ。」とか言われそうですけど、「じゃあ、子供を作らない選択は出来ますか?」と聞くと、「それは論外でしょ。」と言われそうです。

でも、人生での三大支出は、

  1. 住居費
  2. 養育費
  3. 老後費

です。むしろ、住居費より養育費のほうがかかるのです。
現代は、子供一人につき3000万円かかるとも言われています。
自分の子供の費用だけではなく、将来的に孫費用もかかったりします。

もし、夫が年収300万だった場合、40年間働いて、ざっくり1億2000万円の生涯収入で、子供2人作ったとして、6000万、生涯収入の半分を養育費に取られるわけです。

残りで、戸建てを購入してしまうと、住宅ローンを組み、元本よりかなり多くの利子を払わなければいけなくなります。
例えば、2000万円で購入したとして、35年ローンを組んだとしたら、金利だけでも最低元本の1/3以上は払わないといけなくなると思います。(頭金にいくら入れるかにもよりますが…)

新築物件だと、オプションでつけるものなどにもお金がかかるので、余計にお金がかかります。
なので、残りの6000万から半分くらい持ってかれる、と見ておかないといけないとして、残り3000万。

その3000万で、生活費全部と、老後資金は無理でしょう。

奥さんと共働きでも、子供が出来ると辞めないと無理になってくるご家庭も多いと思うので、それを視野に入れておく事も必要ですし、10年に一度の不景気も来るので、旦那さんのリストラ、も想定内として入れておかねばいけません。

そんな事考えてたら、キリがない

と言う方は、残念ながら家計が破綻して生活保護になる可能性がある、と言わざるを得ないと思います。
年収300万モデルで話しましたが、平均年収の400万台でもあまり変わりません。

まず、支出を理性的にカットする事によって、人生に「ゆとり」を作り出せるかどうかの分かれ目になります。

「子供」を産む事が人生の目標(幸福)としている人は、家計が低収入だとしても、「産まない」選択は無いかもしれませんが、そういう人はこの記事は参考にならないのでスルーしてください。

 

 

そして、養育費の次にかかる、住居費。
これは、購入か賃貸か…。永遠の疑問だったりします。

これは、私も難しいと思うのですが、私個人の考えとして書きます。

若い内(20代・30代)なら、戸建てを購入してもいいと思う。
ただし!!

ただし、住宅ローンは10年以内で返せる額にする、という事です。
月々の返済額も、奥さんのパート代のみで余裕で返せる額にしておき、ボーナス払いはなしにする。

新築だと難しい場合は、中古を購入して、DIYで徐々に綺麗にしていく…ぐらいの感じでいいと思うのです。
中古だと、もしなんらかの近所問題があって、引っ越ししたくなった時も、新築よりは身軽でしょうし、10年以内にローンが完済するのがわかっていれば、10年くらいなら…と我慢できるかもしれませんし、10年も我慢できなければ頑張って繰り上げ返済をして、早々と引越するのも手でしょう。

大きい金額だからこそ、リスクも考えておくべきです。

家を購入していれば、老後に、賃貸から追い出される、という事もありませんし、長年住んでいれば、その地域で人とのつながりが出来るかもしれません。
「助け合い」という中に身を置き、安心感を得れる…かもしれません。

でも、実際は、そうそう上手くいかないのが現実です。
高齢化で空き家だらけになり、治安も悪くなっていく。

それが日本の未来です。

助け合い、も一人一人の線引きは違いますし、自治会が無くなっていく中、自治会が残っている地域では役員の成り手が無く、若い人も忙しい上に少ない人数で何度も役員をやらされれば、不機嫌にもなるでしょう(可哀想です)。

それだけではありません。
「騒音」問題やストーカー問題もあったりします。

なので、10年以内に住宅ローンが終わったら、お子さんが独り立ちした後に、今度は夫婦のみでコンパクトに住むための賃貸(病院やスーパーが近くの)を借りるのも手です。

私は、やはり身軽な賃貸は、歳を取ってからこそ住むほうが良いような気がします。

追い出されるリスクを考えれば、公団なんかが良いような気がするんですけどね。
でも、そうなれば、人間関係は密に付き合わないといけないので、ある程度の距離感が欲しい人は難しい気がします。

2DKか3DKくらいの賃貸だと掃除もラクだし、荷物も減らして、自分の終末に向かって整理していくと良いような気がするのです。

賃料は月4万台以下が望ましいかも。

アジア(海外)で安い物価の国で、年の半分を暮らす、という手もあり、年の半分は日本、半分は海外、だとそんなにはストレスは溜まらないのではないかなぁ…との想像なので、良いトコ取りは一つの選択肢でもあると思われます。

良いトコ取り、っていう選択肢は好きです^^
「既婚選択子なし」も私には良いトコ取り、の選択肢、かもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

なんだかごちゃごちゃ書きましたが、まとめますと、

  • 大きい支出を減らす
  • 住居は若い内は10年以内にローンを返せる戸建て(マンション)、子供が巣立ったり歳を取ったら賃貸

がベストなんじゃないか、ということ。
今現段階では、これしかわかりません。

もっと歳を取ったら、また見えてなかったものが見えてくるやもしれません。

スポンサーリンク
Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA